疑問デス!全身脱毛の施術にかかる時間はどれくらい?

全身脱毛の施術方法は、大きく分けて3つあります。ひとつは、最近大々的な広告が打たれている「光脱毛」の施術です。

光脱毛は特殊な光をお手入れしたい部分に照射し、毛根のメラニンに反応させることで村下の再生機能を焼いてしまうという技術になります。

光脱毛は比較的新しい技術で、まだムダ毛が再生しないという症例がないことから、永久脱毛と呼ぶことができません。光脱毛については「不再生脱毛」と呼ばれています。

同じような全身脱毛の施術方法となる医療レーザーは、レーザーの光を照射して全身脱毛する点では光脱毛と同じですが、照射レベルが高く、より高い効果を得られるのが特徴です。

医療レーザー全身脱毛は美容外科などの医療機関でないと施術を行うことができず、また光脱毛と比べると費用も高くなりますが、医師の指導の下安心して確かな施術を受けられるというメリットがあります。

3つ目はニードル脱毛という施術です。ニードルはひとつひとつの毛穴に細い針のようなものを差し、そこから電流を流して熱を加えることで、毛根の機能を破壊します。

この施術は1回行えばその毛穴からは2度とムダ毛が生えてくることはないので、永久脱毛と呼べる技術になりますが、毛穴ひとつひとつに処理しなければならないことから費用もかなり高くなり、全身脱毛の施術時間が長くかかるというデメリットがあります。

医療レーザーは光脱毛よりも短期間で完了できる?

それぞれの全身脱毛の施術にかかる時間は、同じ範囲であれば光とレーザーはほんど同じです。ニードルは手間がかかる施術なので、施術時間もな長くなります。

光と医療レーザーで比べた場合、医療レーザーのほうが脱毛効果が高いため、1回の施術時間はさほど変わりませんが、全身脱毛完了までの期間は医療レーザーのほうが短いようです。

毛量が多い人になると、光脱毛の場合ムダ毛の再生率が高く、その分、全身脱毛完了までの期間も長くなりますので、より効率的に全身脱毛を完了させたいのであれば、医療レーザーがおすすめです。

また、光毛や医療レーザーは施術を重ねるとムダ毛が細く、薄くなっていきますが、光脱毛は光の照射レベルが弱い分、細い毛に反応しにくいというデメリットがあります。

よりしっかり、つるつるに全身脱毛したいという人も、医療レーザー脱毛を受けるほうがきれいに完了できます。

ニードルは施術にかなりの痛みと時間を要するほか、範囲が広くなるほど費用も高くなっていくため、全身脱毛をするのはあまりおすすめできません。

確実に全身脱毛をしたい部分、例えばVIOラインやわきの下といった狭いけれどムダ毛が気になる部分を脱毛するのに適しています。それぞれの施術の特徴を考慮して、サロン選びを検討してくださいね。


Pick up


【New Topics】

エステでフェイシャルをやるなら?
フェイシャルと呼ばれるフェイシャルエステは、お肌の悩みを改善するためのエステサロンのメニューのこと...

持病があると脇脱毛できない?
湘南美容外科では脇脱毛を受ける前に必ずカウンセリングを受ける必要があります。 そこで、これまでに大...

ドクター松井でのレーザー脱毛の効果とは?
医療レーザー脱毛が有名なドクター松井クリニックでは、カウンセリングに始まり施術に至るまでを院長と女...

アリシアクリニックの評判は?
医療レーザー脱毛の価格は年々下がってきているとは言え、光脱毛と比べるとどうしても割高に感じてしまう...

ミュゼは解約や返金も誠実に対応
脱毛をしたいと考えているのなら全国展開しているミュゼがおすすめです。全身脱毛がなんと月額3,200...

お得なキャンペーンで人気のエピレ
エピレは初回限定で両脇プラスVラインで700円だったり、19か所のパーツの中から2か所選んで980...